ケプラヴィーク国際空港 (Keflavík International Airport)

ケプラヴィーク国際空港 (Keflavík International Airport)

アイスランドを訪れるほとんどの旅行者が飛行機を利用しています。ヨーロッパからは約3時間、アメリカから約5時間の距離なので、それほど遠くに感じることはありません。もちろん、日本から出発する場合は、乗り継ぎ時間を含めると少なくとも約24時間かかかります。アイスランドの空の玄関口として国際線には主にケプラヴィーク空港(Keflavík Airport)が利用されています。この国際空港はレイブルストゥズ(Leifurstoð)とも呼ばれています。(ケプラヴィーク国際空港見取り図)
現在進行中の増改修工事により、本ページ内での情報更新が遅れる場合があります。
一部国際線にはアクレイリ空港(Akureyri Airport)、レイキャヴィーク空港(Reykjavík Airport)を利用するものもあります。ケプラヴィーク空港就航の航空会社はこのページの下にまとめています。
(注意)日本語ではケプラヴィク国際空港、ケプラヴィーク空港、ケフラビク空港、ケプラビク空港、ケプラビック空港とされることもあります。当サイトではケプラヴィーク国際空港(Keflavík International Airport)としています。

体の不自由な方へ (Disabled passenger)
車いすなど空港内での移動での援助を必要とされる旅行者は出発の48時間以上前に連絡することが必要です。
(詳細は各航空会社の予約担当にお問い合わせください。)

到着 (Arrival)

欧米を始めとする国際線はケプラヴィーク国際空港に到着します。
メインターミナルと通路で結ばれた別のターミナルからなる国際空港です。欧州とアメリカの中間点に位置していることから、アイスランド航空が両大陸を結ぶ国際線を運航しています。他航空会社アイスランドと各地を結ぶ定期便を運航しています。シェンゲン協定外からの航空便でない限りパスポートコントロールを通過する必要はありません。

シェンゲン協定内からの到着

降機後、メインターミナルへ向かいます。
メインターミナルに来ると、アイスランド入国の表示があります。表示に従い1階へ。


英国、米国などシェンゲン協定外の国からの到着
到着時にパスポートコントロールを通過する必要があります。

降機後、旅客ターミナルの1階へ進みます。
到着(Arrival)の案内に従って進みます。
案内に従って進むと、パスポートコントロールの表示が見えます。
パスポートで示されている分類に従い、入国審査となります。
入国審査場は撮影禁止です。
パスポートコントロールで入国審査を終えると、ターミナルの2階へと進みます。

ターミナル到着後

  1. 到着した飛行機はターミナルの搭乗口、(沖どめの場合はバスでターミナルへの移動)となります。ターミナルに到着後、基本的に一度2階へと進みます。
  2. 表示に従いメインターミナルへと進みます。
  3. メインターミナル到着後、Arrivals (到着)の表示が出ている左側の扉を通過し、メインターミナル1階へと進みます。
  4. メインターミナル1階に手荷物受取用のターンテーブルがあります。どのターンテーブルで荷物を受け取るかは近くのモニターに表示されます。階段を下りた正面に免税店があるので買い物をすることもできます。アルコール類は空港で安く購入できます。
  5. 手荷物の紛失、破損などの場合は近くのカウンターにて手続きをすることができます。 手荷物を受け取り、税関を通過して入国となります。税関があるので免税許容範囲を超えている場合や許可を必要とする物品を所持している場合は申告する必要があります。
このゲートを通過後は戻ることができません。
ウォークスルー型の到着免税店を通過すると、受託手荷物受取場所に出ます。
到着時の免税店。
受託手荷物受取場所とATM
大きさ、形などが規定外の荷物は専用の受取場所となります。
手荷物受取にある、手荷物窓口。
手荷物受取場所のATM (現在変更されています。)
手荷物を受取ると税関を通過して入国となります。
税関で申告品がある場合、赤いゲートへ進み、税関窓口で手続きします。
申告品がない場合、緑のゲートへ直進します。

個人の免税持込枠持込み制限は88,000 kr。(12歳以下は半額
食品は10 kg 、25,000 krを超えない範囲 (物によっては検疫が必要です。)
お酒
1 L までの蒸留酒と 1 L までのワインと 3 L までのビール
1 L までの蒸留酒と 6 L までのビール
1,5 L までのワインと 9 L までのビール
3 L までのワインと 6 L までのビール
アルコール類計算
いずれかの組合せにタバコ 200 本もしくは 250 g までが免税枠です。
銃刀類、薬物、釣り具などは持ち込みの際に検査、許可を必要とする場合があります。違法薬物、麻薬類、免税枠を超えての無断持ち込みは違法であり、厳しく処罰されます。出発前にアイスランド大使館、税関などへ事前にご確認されることをお勧めします。(アイスランド税関)

レイキャヴィークへ (To Reykjavík)

フライバス・フライバスプラス
ケプラヴィーク国際空港とレイキャヴィークの移動は約50分です。レイキャヴィークエクスカーションズのフライバスが全ての到着便に合わせて定期運行しています。運行予定は飛行機の到着40分後となっています。
到着ロビー正面にレイキャヴィークエクスカーションズ (フライバス)のカウンターがあります。事前予約している場合、そのままバス乗場まで進みバウチャーを提示すれば乗車できます。
フライバスはレイキャヴィークのBSÍバスターミナル(22:00 〜 02:00は閉鎖。)まで、フライバスプラスは市内の指定されたバス停、またはホテルまでとなります。フライバスプラス利用の場合、BSÍにて乗換となります。

Flybusカウンター
Flybus乗場
BSÍバスターミナル

タクシー
ケプラヴィーク空港/レイキャヴィークで 20,000 kr ~

ターミナル横のタクシー乗場
ブルーラグーンへ (To Blue Lagoon)

日中、夕方であればレイキャヴィークエクスカーションズの定期バスを利用できます。
夜間はタクシーまたはホテルの送迎サービスの利用となります。

ケプラヴィークへ (To Keflavík)

タクシーまたは徒歩となります。

ケプラヴィーク国際空港では欧米間の航空便の乗り継ぎができます。航空会社により、乗り継ぎ方法が変わりますので各航空会社に事前にお問い合わせください。

また、運航便によってはレイキャヴィークにあるレイキャヴィーク空港からとなります。

ターミナル各所に乗継便の案内が出されています。
乗継方法は各航空会社にてご確認ください。

遅延・紛失受託手荷物

時には受託手荷物が紛失、遅延または損傷の場合があります。その場合は、少し時間がかかるとしても、空港の窓口で必要な手続を済ませることが必要です。
到着ロビーに出て、右側へ行くと、受託手荷物についてのカウンターがあります。(手荷物受取場所でのカウンターは未確認です。)
航空会社により、グランドハンドリング(地上作業会社)が異なります。

上記航空会社の取扱時間
06:15 ~ 06:30, 10:45 ~ 11:00, 17:30 ~ 17:45, 22:30 ~ 22:45 baggage@icelandair.is
上記航空会社の取扱時間
06:15 ~ 06:30, 10:45 ~ 11:00, 17:30 ~ 17:45, 22:30 ~ 22:45 baggage@airportassociates.com

空港施設 (Facilities and services)

レンタカー会社によって受付カウンターの場所が異なります。
1. 到着ロビー内、
2. シャトルバス(運行時間、05:00 〜 18:00)を利用してレンタカー会社区域へ行くことになります。
3. レンタカー会社によっては受付が空港区域に無く、別途送迎サービスを行なっている。
4. 利用者各自で移動しなければならない場合。
予約の際、各レンタカー会社で詳細の確認が必要です。レンタカー利用にはクレジットカードが必要です。
各レンタカー会社と空港での送迎の有無 (地図)

いくつかのレンタカー会社の受け付けは1階到着ロビーに出て左側となります。

シャトルバスを利用するレンタカー会社
到着ロビーから徒歩約3分の駐車場にあるレンタカーシャトルバス乗場

5〜18時までシャトルバス(1周、約15分。)が20分間隔で運行していますが、時間帯によっては運行間隔が長くなる場合があります。シャトルバスの運行時間外は、徒歩で移動。(約15分。)

入国時
到着ロビーに出て左側に両替所(営業時間は 確認中05:00 〜 02:00)があります。空港内にはATMも設置されているので現金を引出せます。アイスランドではほとんどの場所でカードが使えますが、時には機械が故障していて使用できないこともあります。とっさのときには現金のが早いもの。もちろん、レイキャヴィーク到着後、銀行で両替することもできます。

到着ロビー内の両替所
到着ロビーの税金払戻窓口(写真手前)と両替所(写真奥)

国際線制限区域内

制限区域内の銀行、両替サービスは取扱会社変更に伴い、両替、ATMサービスが変更されています。
下記写真は変更前(2024/01)の物です。

保安検査通過後、メインターミナル内に銀行(窓口営業は4時30分〜20時)、ATMがあります。アイスランドクローナから他通貨への両替ができる最後の機会です。
保安検査場後の免税店を抜けたロビーにあるATM。

保安検査前

1階に喫茶店があります。
到着ロビーにコンビニエンスストアがあります。

国際線制限区域内
保安検査を通過すると、メインターミナルに喫茶店、レストランがあります。

保安検査前

1階のコンビニエンスストアを利用できます。

国際線制限区域内

保安検査を通過すると、そのまま免税店を通過してメイターミナルロビーへ出ます。出発便に合わせて早朝、深夜でも営業しています。時計、貴金属をはじめアイスランドのお土産も購入できます。

空港内で利用できる無料のWi-fiサービスが提供されています。
Kefairport-FreeWiFi 

駐車場
空港駐車場は有料です。(駐車場)
P1、P2は最初の15分間が無料です。空港送迎や数分間の荷物の出し入れであれば問題ありません。
駐車場の支払いはカードのみです。長期間の場合、事前予約が便利です。

駐車場入口に、各車両のナンバープレート番号読取用カメラが設置されています。
入口のバーが上れば、進入して下さい。

駐車料金精算方法

到着ロビーに精算機があります。
入庫時はカメラで確認されていますので、何もする必要はありません。出庫時のみの利用となります。
Englishを選択後、画面の指示に従います。最初に車のナンバープレート番号を入力し、カードでの支払いとなります。

駐車料金精算機

出発、到着ロビーのトイレは数が限られています。

保安検査前
B1 喫茶店前の階段を下です。
1F チャックインカウンター近くのオレンジ色の Meeting Point 看板の近くです。

国際線制限区域内
各所に設置されています。

遺失物預所

B1 喫茶店前の階段を下です。
08:00 〜 16:00が窓口の時間です。
lostproperty@securitas.is
+354-425-6483
missingx.comでの登録もできます。

駐車場所とインターフォンがあります。

出発ロビー側の身障者用の駐車スペース。利用の際には身障者マークの提示などの規定があります。ご注意ください。
出発ロビーに入った場所に、援助が必要な場合に備え、呼出電話が設置されています。

到着ロビーを出て、フライバス乗場を過ぎ、奥に設置されている、自転車整備場内部に有料のロッカーがあります。支払いはクレジットカードとなります。

自転車整備場
運航表示版

空港各所に当日の運航案内が表示されます。運航便によっては搭乗口の表示まで時間がかかる場合があります。

空港ラウンジ

ケプラヴィーク国際空港にはアイスランド航空が運営するサガラウンジ(Saga Lounge)があります。基本的にはアイスランド航空のビジネスクラス、またはアイスランド航空のフリークエントフライヤーズ上級位メンバーが利用できますが、提携航空会社の搭乗クラスなどにより利用することもできます。(ラウンジアクセス資格
サガラウンジはメインターミナルからパスポートコントロールへ向かうと、その正面にエスカレーターがあり、ラウンジ入口となります。

簡単な軽食とアルコール類を含む飲料が用意されています。
ラウンジ受付でシャワーの利用を申込むこともできます。バスタオルの無料貸出があります。

到着ロビーにインフォメーションカウンターがあります。

出発 (Departure)

フライバス・フライバスプラス
レイキャヴィークとケプラヴィーク国際空港の移動は約1時間です。レイキャヴィークエクスカーションズのフライバスが全ての出発着に便に合わせて定期運行しています。
搭乗予定時刻の2時間前にはケプラヴィーク国際空港に到着していることをお勧めします。
フライバスはレイキャヴィークのBSÍバスターミナル(22:00 〜 02:00は閉鎖)から空港まで、フライバスプラスは市内の指定されたバス停、またはホテルでピックアップ後、 BSÍで乗換となります。
バスは出発ロビー横に到着します。

タクシー
フライバスよりも割高なものの時間の有効利用となる。
レイキャヴィーク/ケプラヴィーク空港で20,000 kr ~

免税確認
「TAX-REFUND」指定を受けた店で1回に12,000 kr 以上の買い物をすると、90日以内に購入品をアイスランド国外に持出す条件で出国時に最大15%の税金払戻を受けることができます。(購入時に用紙を受け取ります。)
必要事項を記入した用紙の提示と払戻金額によっては税官吏の確認が必要です。
(ケプラヴィーク空港での払戻手続)

税金払戻窓口
メインターミナル1階の銀行近くになります。(窓口営業は5〜2時、17時以降はAironBanki)。記入済の税金払戻バウチャーを提示するとクレジットカード口座への振込手続きとなります。手続きの際に必要なものは以下のとおりです。
時期、出発時間によっては混雑するので多少時間に余裕を持ってお越しください。

  1. 必要事項を記入済の税金払戻バウチャー
  2. パスポート
  3. 購入済の品物 (提示を求められる場合があります。)
  4. 税金払戻額が100,000 kr以上の場合、空港内にある税関での確認印が必要となります。

税金払戻手続きを済ませた品物は受託手荷物の中に入れることができます。

到着ロビーの税金払戻窓口(写真手前)と銀行(写真奥)

出発 Departure
到着ロビーと同じ階にありますが、出国ロビーは到着ロビーの反対側になります。
空港での助けが必要な場合はインターホンで呼び出しも可能です。詳細は搭乗手続き前に各航空会社へ連絡することができます。車いすはタミーナルに入ってすぐのところに保管されています。詳細は空港係員にお尋ねください。

機内持ち込み可能品は航空券に記されている規則に従ってください。
ナイフ、ハサミなどの鋭利な物や他人に危害を及ぼす恐れのある物品の持ち込みは許可されていません。
液体の持ち込みは厳しく制限されています。

チェックイン
基本的に各航空会社ごとにカウンターが分かれています。ほどんどの航空会社がセルフチェックインの利用となっています。セルフチェックイン機でチェックインを済ませ、搭乗券、受託手荷物タグ (荷物がある場合) を受け取ります。

航空会社によってはセルフチェックイン機でのチェックインが可能。
受託手荷物はバッゲジドロップオフカウンターまたはチェックインカンターで。


受託手荷物に自分でタグをつけた後、セルフドロップオフ、またはカウンターで預けます。
乗継便があり、最終目的地までのタグが出ない場合などはカウンターで確認する必要があります。また、規格外の大きな手荷物は専用カウンターで預けなければなりません。詳細は空港係員にお尋ねください。

大型、規格外の受託手荷物は、出発ロビー奥の専用カウンターで預けます。
チェックイン終了後、エスカレーター、階段などで2階に上がります。

手荷物保安検査
2階になります。エスカレーター、階段などで2階に上がります。
旅券、搭乗券の準備をして手荷物保安検査場へ移動します。ケプラヴィーク国際空港はそれほど大きくありませんが、午前の欧州便、午後のアメリカ便は航空機の出発時刻が混み合いますので搭乗口には余裕を持ってお越しください。搭乗口によってはメインターミナルから約5〜10分歩く必要があります。 各国と同様、液体、鋭利な物、爆発物、可燃性のものなどの持ち込みは禁止されています。冗談でも不謹慎なことを述べると法に触れる可能性があります。

手荷物保安検査
手荷物検査後にウォークスルー型の免税店エリアを通過します。
免税店エリアを通過するとコンコースへ出ます。

パスポートコントロール
シェンゲン協定国以外に出発する場合はパスポートコントロールを通過する必要があります。出発便により場所が変更されますが、基本的にはメインターミナルから歩いていくと、左側にパスポートコントロールがあります。

免税店での買物について
購入の際に搭乗券の提示が必要です。注意点として、液体、化粧品などを購入した場合、乗継先の空港によっては免税エリアで購入していても、指定の密閉袋で放送されていない場合、没収されることがあります。ご注意ください。

地図の選択 (Google マップ左上アイコンから交通機関、レイキャネス、レイキャヴィーク近郊を選択してください。)

アイスランドに就航している航空会社 (Airlines)

遠いと思うアイスランドですがロンドン、コペンハーゲンからは飛行機で約3時間弱、ニューヨークから6時間ほどでケプラヴィーク国際空港に到着できます。現在、日本からの直行便は運航されていないのでアイスランドへはヨーロッパかアメリカで乗り継ぐ必要があります。アイスランドへ就航する航空会社も増えているので、乗継などを考えても以前に比べて選択肢が増えただけでなく値段も安くなってきています。羽田の深夜・早朝便をうまく活用すれば乗継の組み合わせもさらに増えます。時間に余裕があれば、アイスランドとヨーロッパを組み合わせてみるのも面白いかもしれません。日本発の団体ツアーで日程が合わないとしても個人旅行で予定を調整すれば大丈夫です。

アイスランドへ就航している主な航空会社 (ISAVIA ホームページ
航空会社情報は2023年7月のものです。各社の運航計画により運航予定・料金については時変更されますのでご確認ください。
就航地、料金、サービス、マイレージプログラムの加算条件などはご予約の際にご確認ください。

アイスランド航空 (Icelandair)
アイスランドの航空会社。欧州33都市、グリーンランド4都市、米国14都市へ定期便を運航。ロンドン、コペンハーゲンなどは1日2便、他の就航地へほぼ毎日運航。
季節により就航都市、運航予定は変更。マイレージサービス有。機内食・飲み物有料(エコノミー)。

プレイ航空 (Play Air)
アイスランドの航空会社。欧州33都市、米国5都市へ定期便を運航。
季節により就航都市、運航予定は変更。機内食・飲み物有料。

スカンジナビア航空 (SAS)(オスロ/コペンハーゲンl)
コペンハーゲンをハブとする北欧の航空会社。
マイレージサービス有。機内食・飲み物有料 (エコノミー)。

ルフトハンザ航空 (Lufthanza)ドイツ(フランクフルト/ミュンヘン)
Eurowing の運航・組み合わせれば日本から乗継可能

フィンランド航空 (Finnair)フィンランド(ヘルシンキ)
ヘルシンキ乗継。
マイレージサービス有。

Easyjet (ロンドン・ルートン/エディンバラ/マンチェスター)
Easyjetでヨーロッパから乗継も可能です。

この他にもAir Greenland, Air, Canada, British Airways, Delta, Norwegian Air, United, Delta, Wizz航空などが運航しています。

(注意)
航空券が同一の予約番号で発券され、同一航空会社や航空アライアンスで運航される場合、ほとんどの航空会社では乗継ぎ空港で受託手荷物を出す必要はありません。チェックインの際に受託手荷物がどの空港まで運ばれるか空港コード (航空券・手荷物タグなどに記載れます。)を確認する必要があります (詳細は各航空会社へ。)
主なアイスランドの空港コード
ケプラヴィーク  KEF (国際線ではRKVが使用される場合もあります。)
レイキャヴィーク RKV
アクレイリ    AEY

航空券の手配について
当サイトでも紹介していますが、インターネット予約サイトから簡単に予約することができます。インターネットで航空券を購入する場合は、出発地からアイスランドまでの通しの航空券か、それとも自分で乗継手配をする必要があるかなど航空券の手配条件がどうなっているかを確認することが必要です。自分で予約する場合、旅行代理店手を通して購入するより安い場合がありますが、航空券の変更、取り消しなどは自分でする必要があります。その差額を安心、それとも高いとみなすかは本人次第です。